前へ
次へ

母子家庭の教育問題を解決したい

子供のためを思う教育問題には、母子(父子)家庭ならではの問題も少なからずあります。
幼稚園、小学校、中学校というように義務教育だけでは将来の不安(飛躍)が拭えないため、進学を希望する子供は増えています。
片親というだけで、就職させることを親も避けています。
教育問題には、もちろん合格できるだけの能力の有無があります。
センター試験のみならず、各大学での試験に合格するには、今の授業だけではカバーできないものです。
塾や予備校に通いたい、母子(父子)家庭でもそうした声があがります。
教育問題では、教えるだけでなく、通学するための交通費、受験費も必要です。
子供らの教育、学習の妨げとなり得るのは金銭面の確保です。
もちろん、養育費も助かるものですが、一般的に教育に割り当てられるのは月額数万円です。
カバーできる給付制度などがあるなら、情報をしっかり通知してほしい、そうした声もあります。
行政、教育機関なども、こうした声に耳を傾けた支援に乗り出しています。

Page Top