前へ
次へ

外国人移民の学校教育問題をどのようにするか

政府は移民の受け入れを積極的に行っていて、今日では日本は世界に名だたる移民大国になりつつあります。
いや、もうなっているとも言うべきでしょうか。
移民は単身というよりも家族で日本にやってくるケースが多く、とにかく仕事を見つけることが何よりも優先事項なので、子供の教育に関しては二の次になってしまっています。
実際、日本にやってくる移民の殆どが、日本の公立学校へ編入することになるのですが、日本語がわからないので勉強に四苦八苦しています。
子供の学齢が低ければ低いほど適応能力は高くなり、ものすごいスピードで日本語を覚えていくことができます。
しかしながら、中学生くらいになると外国語の習得能力に差が出てくるため、勉強ができずにドロップアウトしてしまう外国人が増えています。
移民の子供の教育問題が深刻さを増しています。
教育問題から社会的な問題に発展するケースも増えていて、そのサポートはどうしても後ろ手に回ってしまっているのです。

Page Top