前へ
次へ

発達障害と教育問題についての提案

最近、発達障害に関する研究が進んだことで、今まで問題児とされていた子どもたちが、実は発達障害の傾向があったことが解明されるようになりました。
授業中にじっとしていることができず、教室を抜け出したり走り回ったりするのは、発達障害の傾向が強いと今日では判断されます。
また、授業に必要なものを大量に忘れてしまったり、提出物をなくしたりと言った今までは理解不能だった子供の行動が、発達障害の研究が進むにつれて解明されるようになったのです。
教育問題と考えられていたことが、本当は脳の問題であることがわかってきたことで対策が取りやすくなりました。
今では、早い段階で発達障害と判断された子供に対しては、療育をすることで普通通りの生活を贈ることができるようになります。
必要であれば支援学級に入り、適切な治療を並行して行えば、成長とともに改善する場合もあるのです。
研究の成果により、教育問題に対する改善の余地が生まれたことは好ましいことです。

Page Top