前へ
次へ

教育問題における女生徒との教育の大切さ

発展途上国の教育問題の中で深刻さを増しているのは、女性とに対する教育に関してです。
まだまだ女子には教育を与える必要がないという考え方が、発展途上国では根強く残っていて、教育の機会に恵まれない女子が多いという深刻な教育問題に直面しています。
国際機関が積極的にキャンペーンを行い、男子と同様女子にも教育を行うことの大切さを周知したり、NGOが草の根で活動することで女子に教育の機会を与えられるような地道な活動を行っています。
そうした甲斐もあり、少しずつではありますが状況に変化が現れてきました。
政府とNGO、そして国際機関が協力をすることで女子のための学校が建設されたり、女子のための寺子屋運動が広がっています。
ここでは基本的な読み書きを学ぶことができることから、識字率の向上に貢献しているのです。
女子教育の重要性を地道に周知していくことで、女の子たちに教育の場を提供することは、その国の未来に繋がります。

Page Top